(ORCD127) 死んだ細胞の塊 (SHINA SAIBO NO KATAMARI) / 禍具魂 (Kagutaba) (Paper sleeve CD)



2018年3月17日発売
(ORCD127) 死んだ細胞の塊 (SHINDA SAIBO NO KATAMARI) / 禍具魂 (Kagutaba) (Paper sleeve CD)

Brand New Hyper Technical Brutal Death Metal from Tokyo.
Featuring member of STRANGULATION.
1 song single.

2015年 コンポーザーのKani (結成当時ベース、現在はギター)を中心に東京で結成。
ブルータルデスメタル、デスコア、グラインド、変拍子などのエッセンスを取り入れた独自のテクニカルでエクストリームなデスメタル・グラインドをプレイ。平均年齢23歳とは思えない演奏力の高さと楽曲のクオリティで国内アンダーグラウンドシーンで話題となる。

メンバーのKani、Temma (ドラム) はSTRANGULATIONのメンバーとしても活動し2016年にはタイのバンコクデスフェストに自費渡航し現地でデモを配布するなどプロモ活動を行う。翌年 2017年には同フェスに出演を果たす。
国内では来日海外アクトのオープニングも努め、DEVOURMENT、KRAANIUM、DISENTOMB、KING PARROT、FECUNDATIONらとも共演経験を持つ。

結成からわずか3年で豊富なライブキャリアを積み、BUTCHER ABC, SELF DECONSTRUCTION, REDSHEERなども使用するStudio ChaosKにて本作、「禍具魂」をレコーディング。
3分10秒1曲の中に彼らのこれまでの経験とセンスが存分に詰まった内容へと仕上がっている。

2018年2月には死んだ細胞の塊としては初の海外遠征、韓国のMullaedong Extremeにて韓国のブルータルデスメタル、FECUNDATIONやVISCERA INFESTと共演。
デスメタル、グラインドコアシーンの中でも今後の活躍が期待される新進気鋭の若手バンド。

(ORCD126) HEINOUS / Feeding the Hogs - the First Three EP's (CD)



(ORCD126) HEINOUS / Feeding the Hogs - the First Three EP's  (CD)


(ORCD 125) CRASH SYNDROM / Postmortem Solutions to Mundane Issues / (CD)



(ORCD 125) CRASH SYNDROM / Postmortem Solutions to Mundane Issues (CD)
購入→ http://obliteration.shop-pro.jp/?pid=125814600

New Gore Grind / Death Metal from Japan.
Originally formed in Ukraine, 2004.
For CARCASS, DEAD INFECTION, GENERAL SURGERY, IMPALED Fans
1st full album, 17 songs

2004年、ウクライナでStefanとMichailのステファンスキー兄弟によって結成。
結成当時はデスメタルをプレイしていたが少しずつサウンドスタイルが変わり CARCASS, DEAD INFECTION, PATHOLOGIST, GENERAL SURGERYなどから影響を受け たゴアグラインドバンドとなる。1回だけのライブでバンドは活動休止するが Stefanが日本に移住、2016年に新しいメンバーにより活動を再開。
過去にDEFILEDで活動経験がありHemorrhoid Carnageのメンバーでもあるオカダがドラマーとして加入。プロモデモCD-Rを自主リリースしライブ活動もスタート。

本作は2016年録音で海外からリリース予定だったがお蔵入りになりかけていたファーストフルアルバムがDEAD INFECTION, DEAD, BUTCHER ABC, VISCERA INFESTなどゴアグラインド / グラインドコアを多数リリースするobliteration recordsから発売。
CARCASS直系のハイピッチとロウデスボーカルが絡むゴアグラインド特有のツインボーカルスタイルとCARCASS "Necrotisism"から派生しEXHUMED, IMPALEDが進化させたゴアメタル系のメタルリフワーク、そしてグラインドコアの真骨頂でもあるブラストビートが炸裂する。マンネリに陥りがちなグラインドコアの曲構成 も作り込んだメタルリフとドラムパターンでバリエーションある楽曲を収録。
日本でゴアグラインドバンドはこれまで多数出てきてたがグラインドとゴアメタルが融合したCRASH SYNDROMのようなバンドは出現していなかったので今後の活躍が期待出来る若手バンド。
バンドインフォ


(ORCD 124) BUTCHER ABC / North of Hell (Papersleeve Gatefold CD)



(ORCD 124) BUTCHER ABC / North of Hell (Papersleeve Gatefold CD)
1st Press SOLD OUT!!

(ORCD 124-01) BUTCHER ABC / North of Hell (CD) - 2nd press Jewel case version
Out soon

Putrid Gory Grinding Death Metal from Japan
Long awaited 1st full album. 11 tracks.
Featuring  Jong "Chuck" Jeong of FECUNDATION guest guitar solo on "North of Hell"
Asian Edition.

1994年、音源のみ録音するバンドとして結成。2002年にCSSOのメンバーを中心に再結成。
国内外で多数のライブ活動や音源をリリースするも度重なるメンバーチェンジのためこれまでフルアルバムをリリースしていなかったBUTCHER ABCがアルバム制作に4年という歳月をかけようやく発表となるファーストフルアルバム。
80sスラッシュメタルと初期90sのデスメタル・グラインドコアをベースにミドルテンポのリズムとブラストビートを主体とした楽曲。CARCASSから影響を受けたツインヴォーカルスタイル、スウェディッシュデスメタルから影響のダウンチューニングによるギターリフ、そしてあくまでも1バスドラムにこだわったドラミングのオールドスクールデスメタル・グラインドコア。
SLAYER "South of Heaven"からインスパイア受けたアルバムタイトル "North of Hell" は地獄の門が開き阿鼻叫喚のイントロから幕を開け最後にまた地獄に帰って来るという終わりなき地獄の輪廻という構成。
アルバムタイトルとなっているラスト8分の曲では韓国のブルータルデスメタルバンド、FECUNDATIONで活躍するJong "Chuck" Jeongがゲストでギターソロをプレイ。
これまでリリースしてきた音源から再録と新曲の合計11曲を収録。バンドのこれまでの歴史がこの1枚に詰まったといっていい作品に仕上がっている。
 

(ORCD 123) SU19B / Neutralize (CD)



(ORCD 123) SU19B / Neutralize (CD)
購入→ http://obliteration.shop-pro.jp/?pid=125318526

Japanese one of heaviest Blackened Power Violence.
2nd full album

1997年結成、結成20周年を迎える神奈川ブラッケンドパワーヴァイオレンス。
初期はアメリカのパワーヴァイオレンスバンド、CROSSED OUTと日本のCorruptedに影響を受けストップ&ゴーに超遅重パートを取り入れたサウンドで音源リリース毎にバンド独自のスタイルを追求していく。
2015年発表のファーストフルアルバム ”The World Doomed To Violence” ではパワーヴァイオレンスというジャンルの括りだけでは語れないサウンドを構築。パワーヴァイオレンスファン、グラインドコア、ドゥーム・スラッジコアファンから高い評価を得、CD、LP、カセットが日本、ドイツ、ロシア、インドネシアの4カ国から6つのヴァージョンでリリースされた。
本作はバンド結成20周年にリリースされたセカンドフルアルバム。
ファーストアルバムから引き継ぐSU19Bらしい世紀末感あふれる超遅重ヴァイオレンス。引きずりまわるようなズルズルのリフワークと重くのしかかるドラムから一転してブラストで爆発。アルバムの最後を締めくくるBATHORYのカバーではヘヴィすぎるアレンジでもはや原曲がわからないほど。
パワーヴァイオレンス・グラインドコア、スラッジ・ドゥームファンに聴いて頂きたい至極の1枚。
アートワークにParanoid。全10曲収録。

SU19B
http://su19b.jp/

bandcamp
https://ssu19bb.bandcamp.com/

== SU19B 結成20周年 & Neutralize CD リリースライブ ==
12月16日 東京 浅草 Gold Sounds w/ ANATOMIA, GOREVENT, MIRRORS, OOZEPUS

(ORCD 122) ASAKUSA DEATHFEST 2017 (CD)



(ORCD 122) ASAKUSA DEATHFEST 2017 (CD)

Free Comp CD for all visitors
DL for donate to fest. Thank you!!


ADF information
http://asakusadeathfest.blogspot.jp/

(ORCD121) Live at Asakusa Deathfest 2016 (CD)



(ORCD121) Live at Asakusa Deathfest 2016 (CD)
ショッピングカートはこちら→ http://obliteration.shop-pro.jp/?pid=121674014

発売日 : 2017年 10月 6日
収録時間 : 16曲74分

2016年10月に浅草で開催されたインターナショナルデスメタルフェスティバル、"Asakusa Deathfest"に出演の4バンドを収録したライブアルバム。
2チャンネルサウンドボード録音ではなくスタジオレコーディングと同じように各楽器をデジタルマルチトラックでライブ録音。ミックス・マスタリングはアメリカのBrainsplitterスタジオにて。
ライブの臨場感をそのままにレコーディングと同じようなバランスと高音質、加えて各バンドの素晴らしい演奏でクオリティの高いライブアルバムに仕上がっています。

SKELETAL REMAINS
DEATH、PESTILENCE、GORGUTSからの影響が伺えるアメリカ産オールドスクールデスメタル。
クオリティの高い演奏力と楽曲でここ数年で人気・知名度をぐんぐん上げている若手バンド。現在、欧米で話題のNew Wave of Old School Death Metal (NWOOSDM) とカテゴライズされるジャンルの代表的なバンドの1つ。

COFFINS
Hellfest、Maryland Deathfestなど海外のメタルフェスに多数出演し世界的に評価されている日本が誇る遅重デスメタルバンド。

RUDE
アメリカ、カリフォルニア出身のオールドスクールデスメタル。MORBID ANGEL、ASPHYXからの影響が伺える楽曲にアルバムアートワークがDan Seagrave。初期90年デスメタルファンには感涙のデスメタルサウンド。

CARNATION
メンバーが全員20代という若手バンド。若手ですがサウンドは初期90年代のスウェディッシュデスメタル影響下のオールドスクールデスメタル。ENTOMBED、DISMEMBERというよりもCARNAGE、GOD MACABREあたりを彷彿する楽曲もシブすぎる。

(ORCD 120) DEAD INFECTION / Brain Corrosion (Digipak CD)



(ORCD 120) DEAD INFECTION / Brain Corrosion (Digipak CD)

Digipack re-issue.
more info coming soon!

(ORCD119) EVIL / 邪悪を讃えよ ​(​Rites of Evil) (CD)


(ORCD119) EVIL / Rites of Evil (​邪悪を讃えよ) (CD)
発売日 : 2017年 9月30日
ショッピングカートはこちら→ http://obliteration.shop-pro.jp/?pid=121923434

2011年結成。平成生まれの少年たちによる80s スラッシュメタルリバイバルバンドとして注目され自主デモCDRを500枚以上無料配布した事でも話題となった国産邪悪スラッシュメタル、EVIL。
スラッシュメタルでもデスメタル誕生を促したといえるHELLHAMMER, SODOM, SEPULTURA, BATHORY, SARCOFAGOなど80年代のスラッシュメタルシーンの中でも特に過激で邪悪なバンドから多大な影響を受けた楽曲でスラッシュメタル全盛期をリアルタイムで通過した1960~70年代生まれのメタルヘッドから絶大な指示を受ける。
2014年に日本の若手デス・グラインドバンド、LURKING FEARとスプリットアルバムをObliterationからリリースし国際的にも認知度を上げる。
本作は待望のファーストフルアルバム。日本語歌詞による邪悪な言葉の羅列とキャッチーなサビ、6弦を刻み上げるリフの数々とこれまでのEVILの集大成とも言える内容。

CDはObliterationから、アナログレコードはSABBATやBLASPHEMYなどブラックメタルシーンのカルトバンドを多数リリースするアメリカのNuclear War Now! から、カセットテープヴァージョンはタイのInCoffinからのリリース。

収録曲
1. 除夜 Nightmare Bells (Joya)
2. 呪縛 The Curse (Jubaku)
3. 串刺し Transfixion (Kushi-zashi)
4. 八つ裂き刑 Yatsuzaki (Yatsuzaki-kei)
5. 曼荼羅 Mandala (Mandala)
6. 卒塔婆の剣 Sword of Stupa (Sotoba-no-tsurugi)
7. 死に晒せ Give 'em Hell (Shini-sarase)
8. 無間地獄 Eternal Hell (Mugen-jigoku)
9. 邪悪を讃えよ Rites of Evil (Jāku-o-tataeyo)
10. 阿修羅 Asura (Asura)
11. 残虐集会 Brutal Mass (Zangyaku-shukai)

(ORCD 118) FINAL EXIT / Mr.Exshit a GO-GO!!! (Papersleeve gatefold CD)



(ORCD 118) FINAL EXIT / Mr.Exshit a GO-GO!!! (Papersleeve gatefold CD)
ショッピングカートはこちら→ http://obliteration.shop-pro.jp/?pid=117770406

Japanese Kult Noisegrind duo. Originally released limited in 55 copies on 3inch EP format at North America tour 2016. 
Reissued on CD format. Limited 500.

AxCxがEaracheからアルバムをリリースした事で一般的なエクストリームミュージックファンにも知られる事となったノイズグラインドというジャンル。日本でも90年初期から活動するノイズグラインドがFINAL EXIT。
ショートカットのノイズグラインドの轟音に様々なサウンドをコラージュし目まぐるしく展開していく楽曲。ライブでは2人の職人芸のような阿吽の呼吸。
グラインドコアシーンでは世界的に知られたバンドで2014年にはチェコのObscene Extreme Festivalに出演。
本作は2016年の北米ツアーの際に限定55枚という超極少で制作され即完売した3インチEP "Mr.Exshit a GO-GO!!!"をFINAL EXIT史上初のワンマンライブに合わせCD化再発。
8曲1分39秒が12センチCDに贅沢に収録。ジャケットも見開き紙ジャケの豪華仕様。
限定500枚